逆光の使い方

作例

Model はせちゃん

逆光じゃないとゴーストは出ないのですが
そうすると白飛びはしやすくなるため
シャッタースピードを早めたり、ISOを50とかに下げたりしてます。

その際に早めすぎると、被写体が暗くなる場合があるため
日中シンクロやレフを当てるなども行う必要があるので
結構、逆光での撮影は難しいですが
α7II などのミラーレスカメラだと、結果が撮影前から見えているので
それで調整するのがベストですね。

最近、ミラーレスカメラが各社から出ているので
逆光で撮影したい人にはミラーレスカメラをオススメします。

ただ、富士フィルムの「X-T2」を使用したときは
センサーが焼けたことがあるので、
そのような情報は確認しておくと良いと思います。

※「X-T2」+「センサー焼け」で検索するといろいろ情報が出てくると思います

使用したレンズは「Takumar 55mm f1.8」です。
ISO 100 SS 1/1600 f1.8

地味に逆光を見るとき重宝するアイテム
目を覆うようになっているアイカップなので見やすくなります(α7系で使用できます)

使用カメラ
Sony α7II
EVFでゴーストの具合やマニュアルフォーカスがしやすく、今が値打ちのフルサイズカメラなのでオススメです!

マウントアダプターは下記のものを使用しました。
M42→NEXアダプター
マウントアダプターは各社出していますが、
この商品が一番、精度など良かったです。

今からオールドレンズに興味がある人には必読の本、2冊です!

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

作例
KMZ PO4-1M 35mm f2 作例

Model まぷさん 少しでも太陽光が入るとハレーションが出るという面白いレンズです。 もともと、3 …

作例
Leitz Summarit 5cm F1.5(ズマリット 50mm f1.5 )作例

Model コトリッチさん ちょっとでも太陽の光が入ればハレーション(ゴースト)が出やすく 面白い表 …

作例
Takumar 135mm f2.5 作例(フォトテクニックデジタル入選)

Model はせちゃん 玄光社が出しているカメラ雑誌 「フォトテクニックデジタル」のオンライン部門で …