ゴーストを操る

作例

Model nanaさん

レンズは「Takumar 55mm f1.8」です。

EVFでゴーストの位置が見れるので、見ながらモデルさんに手の位置を調整してもらい、自分も太陽の位置を微調整して撮影しました。
太陽の角度がやはり一番のネックで、未だに慣れません…。

Takumar の前期型のほうがコーティングが弱いため、ゴーストは出やすく、もし同じような表現をしたい人はそちらを探すのがオススメです。

SMC Takumarはあまり出ませんでした。
Super Takumar と SMC Takumarは

  • Super Takumarはシングルコートでコーティングが弱い→逆光に弱い
    →ゴーストが出やすい
  • SMC Takumar は マルチコートでコーティングがしっかりしている→逆光に強い
    →ゴーストが出にくい

という感じかなと考えております(そこまで光学系は詳しくないので)

地味に逆光を見るとき重宝するアイテム
目を覆うようになっているアイカップなので見やすくなります(α7系で使用できます)

使用カメラ
Sony α7II
EVFでゴーストの具合やマニュアルフォーカスがしやすく、今が値打ちのフルサイズカメラなのでオススメです!

今からオールドレンズに興味がある人には必読の本、2冊です!

作例
MC ZENITAR-M2s 50mm/f2 作例

Model 中沢結さん このレンズは、改造レンズで、中玉を逆さにすることで 独特なボケを作ったレンズ …

作例
KMZ PO4-1M 35mm f2 作例

Model まぷさん 少しでも太陽光が入るとハレーションが出るという面白いレンズです。 もともと、3 …

作例
Leitz Summarit 5cm F1.5(ズマリット 50mm f1.5 )作例

Model コトリッチさん ちょっとでも太陽の光が入ればハレーション(ゴースト)が出やすく 面白い表 …