Leica Summitar 50mm F2 作例

作例

Model がおさま

独特なボケ具合になる

「Leica Summitar 50mm F2」作例です。

 

この写真は曇天時に撮影したので、太陽の光はありませんでした。

金網を前ボケと後ボケに使いましたが、
このレンズのボケ具合を見るにはちょうどよい感じかなと。

後ボケは流れてしまう感じで、グルグルボケになりガチでした。

前ボケは角度調整は必要ですが、上手くやると「うっすら」→「網?」→「金網」
という感じになりますね。

 

使用カメラ

Sony α7II
EVFでゴーストの具合やマニュアルフォーカスがしやすく
今が値打ちのフルサイズカメラなのでオススメです!

マウントアダプターは下記のものを使用しました。
ライカLレンズなので下記を使用しました

 

今からオールドレンズに興味がある人には必読の本、2冊です!

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

作例
MC ZENITAR-M2s 50mm/f2 作例

Model 中沢結さん このレンズは、改造レンズで、中玉を逆さにすることで 独特なボケを作ったレンズ …

作例
KMZ PO4-1M 35mm f2 作例

Model まぷさん 少しでも太陽光が入るとハレーションが出るという面白いレンズです。 もともと、3 …

作例
Leitz Summarit 5cm F1.5(ズマリット 50mm f1.5 )作例

Model コトリッチさん ちょっとでも太陽の光が入ればハレーション(ゴースト)が出やすく 面白い表 …